富山県美術館にも『ひみ里山杉』が使用されています。

東工業のお知らせでも何度か登場している『ひみ里山杉』ですが、

2017年8月26日に開館した『富山県美術館』にも実はふんだんに利用されているのです。

富山県富岩運河環水公園のそばに位置する人気スポットです。

今日は、この『ひみ里山杉』についてもう少し詳しく書いてみたいと思います。

稀代の杉『ひみ里山杉』

ひみ里山杉は、平成24年に、氷見木材組合、富山県西部森林組合氷見支所、設計事務所、工務店、氷見市などが『ひみ里山杉活用協議会』を発足させてブランド化がスタートしました。

山、川、海、そして人に育まれるひみ里山杉は、富山の豊かな自然を守る為、森林を手入れし、資源を有効活用するために、森林での伐採体験&見学会やお礼植樹など、親子が参加できるイベントを開催しています。

詳しくはコチラからご覧ください。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

地元氷見の子供たちと夏休みの楽しい思い出☆彡

『山は海の恋人』ひみ里山杉‐植樹・伐採体験‐

次世代へとつながる、人と自然が共存できる地域環境づくりに取り組み、平成28年からは『富山県の杉活用協議会』として全県に活動を広げています。

『ひみ里山杉』の特長

ひみ里山杉の特長はいくつかあります。

・あたたかく、ぬくもりがある。

・気が呼吸をして、調湿作用がある。

・消臭作用がある。

・変形するから、加工しやすい。

・価格も実は決して高くない。

富山県産材では、立山杉も有名です。立山杉には独特の良さがあります。黒くて節が多いので迫力のある、魅力的な杉です。富山県美術館を建てる時に、立山杉はちょっとイメージと合わなかったそうです。そこで偶然知りえたひみ里山杉のとてもきれいな色合いがマッチしたので採用されたという事でした。色合いに加えて、繊細さやしっとりとした感じがとてもしっくり来たそうです。

木材を使う時に、経年変化はつきものです。色は変化していきます。建物ができあがった時がベストではなく、年月が経つにつれて、どんどん良くなっていく。空間としても建物としても良いと考えられます。

開館から4年目を迎えている富山県美術館、これからどのように変化していくのかが楽しみです。

定期的に訪れたい場所になりました。

『富山の杉活用協議会』

氷見市のみではなく、現在富山県全域に活動を広げているひみ里山杉ですが、実際に様々な人が関わっています。

・富山県はもちろん氷見市などの、『行政』

・森林組合や林業を行う民間企業などの、『育林・伐採』

・加工をしたり、販売したりする木材会社などの、『製造所・木材販売』

・設計、デザインを行う、『デザイン設計事務所』

・実際に建物を建てる建設会社などの、『住宅会社・工務店』

・木材の運搬や資源活用などの、『運送・バイオマス』

富山県内の、行政、産業、民間企業が協力して、富山県産杉の活用をブランド化しています。

具体的な活動として、

・伐採体験

・造材、製材、加工見学

・お礼植樹

・木工策体験

・商品開発

・木育の普及

・環境教育研修

・セミナー、シンポジウムなど

東工業でも数年前から協議会の理事として関わっています。

当社での施工物には、構造材や下地材、梁や柱は基本的に全て、ひみ里山杉を活用しています。

それ以外にも、夏休みのイベント『ウッドライフ ワークショップ』や、秋のイベント『植樹・伐採体験イベント』を開催して、地元氷見の子供たちの貴重で思い出となる体験、親子一緒に楽しめるイベントを行い、地域に関わっています。

『入学式に間に合わせる』氷見市内小中学校‐机と椅子の交換作業‐

3月の年度末。まもなく入学式、始業式を控えています。

3月の週末(学校が休みの間に)氷見市内の全小中学校を回って、傷んだ机の天板、椅子の背板、座板を交換して回ってきました。

その数600枚以上!!

最初は戸惑っていましたが、さすがは職人たち!きっちり納期を合わせてくれました!!

砺波市庄川にある株式会社フシキさん、ありがとうございました。

3月中に作業を完了し、迎えた新学期。

『自分の子供が今年入学式で1年生になりました。新しくなった椅子と机に座っていたのが、なんだかちょっと嬉しかったです。』

東工業には、こんな仕事もあります。面白かったですね。

これまでは、新しい机、椅子を買っていたようです。今年から新しい取り組みで、SDGsやリユースといった循環型社会への取組みです。

今回は、氷見市の仕事でしたが、いろいろな形で街の、市民の、お役に立てていることが、嬉しく思います。

氷見駅に『うるおい環境とやま賞』の銘板が。。。

『うるおい環境とやま賞‐土の賞‐』を氷見駅前周辺の施設が受賞した際の銘板です。左下のギザギザはブリの瓦を表現しています🤗

現在、氷見駅に掲示されています。皆さん是非探してみてください。

詳しい内容はコチラからご覧ください。

また、ブリの瓦は『甍賞』を受賞しています。

詳しい内容はコチラからご覧ください。

『TomorrowWorks. 氷見で探す、未来の仕事。』に掲載されています。

『TomorrowWorks.|氷見で探す、未来の仕事。』では、氷見市IJU(移住)応援センター ・ みらいエンジンとの連携により、氷見で暮らし、氷見で働きたいと想う方を、職住の両側面からサポートしていきます。

※TomorrowWorks.|氷見で探す、未来の仕事。より引用

先日、インタビューを受けまして、その内容を上手に掲載いただきました。会社の創業時の事、社長就任時の事、振り返るいい機会になりました。

『氷見をいいがにする』為には、地元の工事は、地元の業者、地元の材料で建設する必要があります。地元の経済を循環するようにします。

里山杉もその一つです。

里山杉をブランド化し、活用することで、山の整備につながります。

山の整備が進むと川がきれいになります。

川がきれいになると海岸もきれいになります。

自然環境を含めて『いいがにする』ことで、良い循環が生まれていきます。

『マンションリノベーション』氷見市氷見駅裏マンション

氷見市氷見駅のすぐ裏にあるマンションの、リノベーションを施工致しましたのでご紹介します。

今回のリノベーションは、ちょっと難しい案件でした。中町屋さんプロデュースの元で仕事をさせていだだきました。おかげで素敵なリノベーションができました。

16坪弱のリビングダイニング、廊下、寝室の壁を全て取っ払い、リビングダイニング寝室を一つにしました。廊下幅を減らすことで、広々とした空間に生まれ変わりました。

エアコンやキッチンの入れ替えを行い、ユニットバスをユニットシャワーに入れ替えました。床は木材張りにすることで、暖かくいい感じの仕上がりです。

新築住宅ばかりではなく、ご希望のスタイルにリノベーション、リフォームすることで全く異なるテイストの住まいに生まれ変わります。

古くなった古民家、空き家などを新たに有効活用することもご提案可能です。

東工業が『いいがにします!』

氷見市 新築住宅工事 H様邸

【某有名建築家自宅モチーフ】

今回ご紹介するのは、私どもとしても想い入れ深い施工となりました氷見市のH様邸をご紹介します。

何といっても特長は、某有名建築家の自宅をモチーフにしている点です。お客様のイメージにもとづき、あらゆるこだわりがいっぱいの住宅を造りました。

湊川に面した静かで過ごしやすい立地に、新築の家でありながら古い街並みにもなじむような黒瓦フキの屋根、ひみ里山杉の板張りの外壁をほどこしています。

全ての畳、床柱、床板など、すべてにこだわりの和室。

親子二人で暮らすに十分すぎるスペースと、気持ちのいい吹き抜け。内装にも里山杉がふんだんに使われています。白色の回転扉もこの建築物の特長と、こだわりの一つ。

写真はありませんが、お風呂も板張りで、トイレにもこだわりました。薪ストーブから伸びた煙突が突き抜けて特徴的です。

『場所』『素材』『災害』『景色』そして『某建築家』をコンセプトに、こだわりの家ができました。 

2020年度『うるおい環境とやま賞』-土の賞受賞-

景観づくりへの配慮・工夫が優れている建築物等や積極的な取り組みを表彰する『うるおい環境とやま賞』において、東工業が施工した『氷見駅前周辺施設』が土賞に選ばれ、先日社長が表彰に行ってきました。

富山県ホームページにも掲載されています≫≫≫

以前にも『甍賞』佳作をいただいた氷見市の中心部『氷見駅』周辺施設としての建築物が評価されたのは、嬉しい限りです。土木の仕事も建築の仕事も同じで、私たちの仕事はしばらく経ってから、また長い年月を経た後に評価されることが多いです。

これからも、私たちが住む『氷見』の街を、住まいを、企業を、地域を【いいがにする】会社であり続けます。

【氷見駅前広場が、全陶連【甍賞】佳作に選ばれました!】≫≫≫

『うるおい環境とやま賞』

【募集対象】

A 単体の建築物や土木施設、工作物等で、周辺や地域の景観づくりのための配慮・工夫が優れているもの
B 複数の建築物等から成る生活空間や意識的に景観づくりが行われた自然を中心とする環境で、景観が優れているもの
C 景観づくりの推進を目的とした個人又は団体による活動で、顕著な功績があったもの

富山県景観審議会景観賞選定部会が審査し、案件の特徴に応じて、以下の賞を表彰します。
◆土の賞(地域の歴史や文化、自然などを守り、生かした景観づくり)
◆風の賞(現代的要素や独創性など、新たな息吹を感じさせる景観づくり)
◆水の賞(水を効果的に活用した景観づくり)
◆緑の賞(花や緑を効果的に活用した景観づくり)
◆光の賞(地域への愛情に基づいた景観づくり活動)

詳細は、富山県ホームページ『2020年度「うるおい環境とやま賞」の募集』にて

氷見市役所にも展示中です。行かれた際は是非ご覧ください。

『山は海の恋人』ひみ里山杉‐植樹・伐採体験‐

コロナで開催自体が危ぶまれていましたが、何とか今年も開催することができました。毎年ちょっと寒いこの時期ですが、今年は本当にいい天気であったかかったです。

多くの家族連れにご参加いただき、大盛況のイベントになりました。氷見市森林組合に集合してから、少し移動して、植樹体験(優良無花粉スギ『立山森の輝き』を植樹)を行いました。

空を飛ぶドローンを見上げる参加者の皆さん。

『大きく育て!』と願いを込めて、子供たちは小さなスギを植樹します。大きく育った杉たちを見られるのは、何十年後でしょうか?

植樹の次は、大きく育った里山杉の伐採体験です。子供たちも一人づつ順番に、力強く打ち込みます。無事に倒れた木の年輪を数えたり、道具に興味を持ったり、みんなやり遂げた達成感に浸っていました。

体験の後は、お待ちかねのランチタイムです。半日とはいえ外での作業で、お腹ペコペコです。キノコ汁、おにぎりは全部完食して、何度もおかわりしていました。外で自然との関わりを体験して、お腹を空かせての温かいご飯は格別ですね。

『氷見』には自然がいっぱいです。

氷見といえば、鰤や新鮮な海の幸が獲れるので『海』をイメージされることが多いです。しかし、海からすぐの所に、これだけの『山』があります。海と山に囲まれた、まさに大自然の中で子供たちが『いいがに育つ』素晴らしい環境ですね。

『海』と『山』と、どちらもあるからいいんですね。

『山は海の恋人』なんです。(笑)

『秋の植樹・伐採体験イベント2020』2020年11月15日(日)開催!

ひみの里山を満喫!!

今年もひみ里山杉のイベント『秋の植樹・伐採体験イベント』が開催されます。

昨年も親子そろって多くの方にご参加いただきました。

開催日時:2020年11月15日(日曜日) 8:30~12:00

開催場所:富山県西部森林組合氷見支所 

主催:一般社団法人ひみ里山杉活用協議会

後援:富山県・氷見市・能越ケーブルネット(株)・北日本新聞社・富山新聞社

≪当日の予定≫

8:30 集合  8:45 出発

9:00 植樹体験(優良無花粉スギ『立山森の輝き』を植樹)

10:00~10:20 移動

10:20~11:20 新月木伐採体験・見学

11:20~11:30 移動

11:30~12:00 昼食(DVD鑑賞/新月伐採の魅力)

≪お願い≫

※コロナ対策のため、現地までの移動は自家用車にてご協力お願いします。

※小雨決行します。中止の場合は、朝7時までにご案内いたします。

※雨具・軍手・長靴をご準備ください。

※昼食はおにぎり・キノコ汁などをご準備いたします。

≪問合せ≫

一般社団法人 ひみ里山杉活用協議会

富山県氷見市十二町万尾前247-1 岸田木材株式会社内

TEL:0766‐91‐0093  FAX:0766‐91‐0933

氷見駅前広場が、全陶連【甍賞】佳作に選ばれました!

第18回 瓦屋根設計コンクール佳作入賞

東工業が施工した、私たちが暮らす氷見市の交通の拠点である氷見駅。

皆さんご存じですか?

氷見駅の屋根をご覧ください。私たちが住宅でよく目にする『瓦』ですが、氷見駅の瓦はちょっと特徴的なんです・・・。

そうなんです!全国的にも有名な『氷見の寒ブリ!』

あの鰤をデザインした瓦で造られた屋根なんです!言われないとわからないですかね。(笑)

実は、その『ブリの瓦』を使って造られた氷見駅が、全国の『瓦屋根設計コンクール』で入賞しましたのでここにご報告します。

甍賞(いらかしょう)

「瓦」(かわら)が歴史上、初めて登場したのは約2,800年前の中国といわれ、日本にはおよそ1,420年前の西暦588年に百済から仏教とともに伝来し、飛鳥寺で使われたのが初めてとされています。   その後、日本において「粘土瓦」は優れた特性と造形美により受け継がれ、屋根材料として広く普及し、長い間、日本の美しい風景をつくりだす重要な要素の一つとして、必要不可欠な存在として歴史を刻んできました。瓦葺き屋根の並ぶ光景は、まさに伝統的な日本ならではの美しい街並みを特徴づけるものであります。

  私どもは、この素晴らしい素材「粘土瓦」が生むさらなる建築美を求め、数年に一度、「粘土瓦」を使用した建築物や構造物の優れた実施例を表彰、また次世代の建築を担う学生の方々を対象に、これまでの「瓦」にとらわれない新しい「瓦」の使い方に関するアイディアを募集する「甍賞」を開催しております。

※全国陶器瓦工業組合連合会(全陶連)HPより引用。

pagetop